大きな目標に向かって成長することを願いながらも,日常のささいな点に苦闘している40代男性の日記ブログ

menu

シリウスに向かって飛ぶ男の夢見るブログ

SEO対策に欠かせないコンテンツテキスト量は何文字が適切?

最近は意図的・過剰なSEO対策ではなかなか順位が上がらなくなってきているようです。反対に順位を落とされることも。だからといって何もしないと,やはり検索上位を狙うことは難しいです。

そこで,最近多くの方が取り組んでいるのがコンテンツを充実させて検索に引っかかるようにする,全うなSEO対策です。いよいよこうした方法でないと順位が上がらなくなってきたということは,それだけGoogleが賢くなってきたということでしょう。

では,どのようにコンテンツを充実させることができるか?もちろん,単に写真や宣伝をべたべたと貼り付けて,見た目だけ充実させようとしても順位は上がりません。SEO対策に欠かせないのは,ページ内のテキスト量のようです。狙ったキーワードを自然な形で入れながら,また関連語句も使いながらボリュームのある記事を載せること,これが重要です。

では,どの程度のテキスト量が必要でしょうか?何文字書けばよいのでしょうか?正直言って,はっきりは分かりません。いろいろ調べても書かれていることはまちまちです。500文字以上と書かれているものもあれば,800文字以上,1000文字以上,あるいは可能なら2000文字以上とも書かれているものもあります。

しかし,わたしの場合はできるだけ1000文字程度書くようにはしていますが,結局は決まりはないというのが本当のようです。伝えたいことが十分伝わる文字数であればよいようです。それは何を伝えるかによって当然変わってくるわけで,500文字で伝えられる内容もあれば,2000文字必要なこともあるでしょう。

なので,決まりはないのです。記事を書くときは,「これを読む人は,何を伝えたいか十分分かってくれるだろうか」と考えて書いていくことが必要のようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




当記事の内容はいかがだったでしょうか? もし記事を読んで少しでも参考にしていただけたようであれば,ソーシャルメディアで共有してもらえると嬉しいです。    

当サイトは 人気ブログランキングにほんブログ村 に参加しています。
かなりの位置にいますので,是非現在の順位を以下のボタンより確認してみて下さい。
↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング 日記へ にほんブログ村 日記ブログへ


関連記事